兵庫製作所は製鉄所を機能させるエンジニアリング企業として製鉄加工で培われた技術力と高い精度で、製鉄機械から一般産業機械まで幅広い製品作りを行っています。兵庫県中小企業家同友会の会員企業です。

 
  • HOME > 
  • 採用情報 > 
  • 先輩社員からの熱きメッセージ
  •  

先輩社員からの熱きメッセージ

佐伯 雅幸

佐伯 雅幸 営業部部長

私たち本社営業部は日本国内だけでなく、世界の鉄鋼所向けに機械や設備を製作納入しています。『良い品物を安く』を目標にお客様に満足して頂ける会社を目ざしています。国内&海外の協力会社と一緒にオンリ−ワンに向けて頑張っています。

 

井村

井村 本社工場 検査係グループリーダー

検査係とは、出来上がった品物が図面どおりか検査することが仕事です。 最終工程なので確実に確認しなければなりません。自分自身がその製品を買う つもりになり検査しています。

こうして検査してできたきれいなものによって、お客様がよろこんでくれると こちらもうれしくなり、やりがいを感じます。

このようにひとつのことを満足に成すには、先輩の意見をよく聞いて勉強すること、 わからないことはきくこと、という姿勢が大事になってきます。

 

廣岡智之

廣岡 智之 組立係グループリーダー

現在私は組立係に所属し、グループリーダーとして、人員の割振りや各作業工程など 全体の仕事の流れを管理しています。この仕事の“面白さ”は、やはり自分が組立てた 装置が実際に設置され、動くところを自ら確認できるというところにあると思います。

当社は各個人のやる気一つでいくらでも成長できるという考えを持っており、各人 日々自分を磨いております。仕事なので時には厳しい事もありますが、基本的には 自分のペースに合わせて成長してほしいという思いをもって教育に当たっています。

 

吉田栄

吉田 栄 機械係グループリーダー

私は機械係に所属し、現在工作用機械のひとつを任されています。 日々いろんな注文に対応しなければならないので大変ですがやりがいが あります。

将来に向かってもっと腕をみがいて、「吉田がいなければ仕事が滞る」と 言ってもらえるような、仕事場になくてはならない存在になりたいと思います。

 

志水義宏

志水 義宏 加古川工場 試験片加工課 加工班 班長

私たち加工班の仕事は、鋼板性質を調査する為におこなう試験片の 製作をおこなっています。

試験片には、引張り試験片・曲げ試験片・衝撃試験片・硬さ試験片 などさまざまな種類の項目があり、私達は各種フライス盤やNC旋盤、 自動加工機などを使い加工をおこなっています。

私たちが加工している鋼板の製品は、例えば道路・船・橋・車・ビル など身近な周りのものに多く使用されています。 そういったことを考えてみると、非常にやりがいがあり責任のある仕事だと 思っています。

さて今年も例年通りたくさんの新入社員の方が入社されました。 新入社員の方々は早く仕事を覚えようと必死になってがんばっています。 私は仕事を安全第一にすすめてもらおうと思っています。 何度も何度も同じ事を言って体に染み付くように努力していきたいと おもいます。

 

萩野輝夫

萩野 輝夫 加古川工場 材料開発課 機動班 班長

私は1998年4月1日に入社しました。材料開発課に在籍し、新鋼種開発に携わり、主に厚板関係では熱間圧延・大気熱処理、薄板関係はソルトバスによる熱処理と高温物を扱う仕事を行い、毎日汗を流しています。最近、若手に作業・機械の操作を教える機会も増え、その時はまず「安全に作業する」「自分自身と周りの人に怪我をさせない」ことを教え、次に「基本を確実に」「わかるまで何度でも」という方針で教育し、日々の仕事を頑張っています。

 

藤村武史

藤村 武史 加古川工場 試験片加工課 切断班 班長

我々切断班は、各現場から回収した鋼板をテストピースと呼ばれる試験片に切断する作業を行っています。鋼板にもさまざまあり、組織や強度などの試験を行い、顧客の元へ製品が届きます。そのため品質にはとても厳しく、又、顧客のニーズにも対応していかなければなりません。とても重要な作業ではありますが、やりがいのある仕事です。現在班長を任されています。今では若手の社員もどんどん増え、技能継承といった後輩育成に全力を注ぐと共に、自分自身のさらなるスキルアップに日々努力しています。

 

小林伸也

小林 伸也 組立係 作業者

僕は組立という部署に勤務しています。そのなかで僕の得意としている分野は補修品関係です。組立というのは簡単に言えば、プラモデルの難しい版といった感じです。

図面を見て、その図面に基づいてパーツを組み立てて一つの製品に 仕上げていきます。自分の組み立てたパーツが動いているのは 感動モノであり、納期に間に合わせ、お客さに見てもらい 出荷したときの達成感は組立にしか味わえないと思います。 逆に極端に言えば、ボルト1本付いてない事で機械が動かなくなること、 図面の見間違い、見落とし、思い込みによる部品の付け忘れで組み立てていた製品を総バラシになる怖さももっています。

僕自身飽き性であり流れ作業に向いていない為、塗装をしたり、溶接をしたり、グラインダー作業に従事と多種の作業があり、1つ1つの作業に対して奥が深いですが、いろんな知識、いろんな経験が得られる為、今の部署は自分にとって大きなプラスです。

 

宮嶋祐樹

宮嶋 祐樹 検査係

品質保証課の仕事は検査係への検査依頼、検査結果のデータ管理、検査成績書の 作成等があります。正確さが何より求められますので、ミスなくしっかりと 仕事を進めていけるように心がけています。

お客様への信頼を左右する重要な部門なので、責任もかかりますが、その分 やりがいもあります。

毎日の積み重ねを怠らず、皆が安心して仕事を進めていけるように頑張って いこうと思います。

 

芦谷 和季

芦谷 和季 機械係

私は、機械係りに配属し、NC横中ぐり盤で作業をしています。難しい仕事も多々ありますが、納期に間に合わせ、完成した時には達成感があり、やりがいのある仕事だと感じています。

一つ一つの仕事を確実にこなすには自分自身に自身を持つこと、自信を持って作業することが大事だと思い、先輩方のアドバイスを聞き、見習い、日々努力し、技術のレベルアップを目指しています。

会社の役に立てるように、先輩方に追いつき、追い越せるように、また時にはライバルと思い、仕事に取り組んで行きます。

 

皮野 秀知

皮野 秀知 工務部

学生の頃から幾何学が好きでした。製図の勉強もしていましたし、何か図面と関わるような仕事がしたいなと考えていました。そこで、兵庫製作所を知ったのですが、なにより、明るくアットホームな雰囲気が良く、入社を決意しました。もちろん会社の事業や業務内容が自分に合っているなと興味を持てたことが大前提ですが、技術力と気さくな雰囲気が魅力的でした。

入社4年目になり、現在、私は工務部で調達業務をしています。調達というのは、「材料」はもちろんですが、「機械加工」であったり、「熱処理」であるような、ものづくりにおける各工程を発注したりします。海外の協力会社とのものづくりでは、「完成品」を購入することが多いのですが、それでも考え方の違いからなどから、失敗することもあります。打ち合わせを重ねていくうちに意識の共有が出来るようになり、良い製品が出来るのだと感じます。取引や交渉を超えて、人と人との繋がりが大切な仕事だ と感じています。各メーカーの方々と打ち合わせを重ね、ひとつの製品が完成したときは、一層の達成感があり、やりがいを感じています。

予算や納期に悩むことも多いですが、それでも自分に責任と決断する機会を与えていただいている今の環境は、非常に恵まれていると思います。将来的には、幅広い知識と経験を積み、憧れの先輩と思われるような社員になりたいです。「一日一生」、一日を大切に一生懸命に生きたいと思います。

 
ページのトップへ戻る